BMW 8シリーズ「840d xDrive/Cabriolet」直列6気筒ディーゼルターボを追加

BMWジャパンは2019年5月20日、最上級ラグジュアリー・モデルの新型8シリーズに、クリーン・ディーゼルエンジンを搭載した「840d xDrive」と「840d xDrive カブリオレ」を新たに追加発売した。

BMW 8シリーズ「840d xDrive/Cabriolet」直列6気筒ディーゼルターボを追加

モデル概要

今回新たにラインアップしたモデルは、セグメントとして初めて、直列6気筒クリーン・ディーゼルエンジンを搭載している。このディーゼル・エンジンは、可変ジオメトリー翼を採用した低速用ターボと高速用ターボという組み合わせのツインターボを搭載することで、低回転域から強大なトルクを発生する。最高出力319ps/4400rpm、最大トルク680Nm/1750-2250rpmを発生する。

またこのディーゼル・モデルは、高性能なエンジンに加え、4輪駆動システムであるxDriveを搭載している。xDriveは、走行中の路面状況や4輪全ての駆動状態を常に検知し、車両速度やステアリング操作に対して、前後トルク配分を最適化するシステムで、高速域でのクルージングやコーナリング時でも常に安定した走りを実現している。

さらに840d xDrive M Sportクーペに関しては、より鮮烈でアグレッシブな印象へと変貌させるMテクニック・スポーツパッケージを新たに設定した。力強い漆黒の20インチMライトアロイ・ホイール 、パフォーマンス・タイヤ、19インチの大径Mスポーツ・ブレーキ、Mリヤスポイラーなどを採用し、8シリーズが誇る圧倒的な走行性能と個性をより際立たせるパッケージ・オプションとなっている。

安全装備

今回追加されたモデルには、高性能3眼カメラ、レーダー、高性能ADAS ECUにより、より精度と正確性が向上した最先端の運転支援システムを標準装備している。アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングが装備されている。

標準装備となるパーキング・アシスタントには、リバース・アシスト機能が採用されている。この機能により車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートを後退で正確に戻ることが可能となる。

さらに話題の「BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタント」も装備。AI技術を活用することで、音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となるBMW最新の機能を備えている。

【主要諸元】

BMW 840d xDrive

  • ボディサイズ:全長4855mm、全幅1900mm、全高1340mm、ホイールベース2820mm
  • 車両重量:1880kg 車両総重量2100kg
  • 排気量:2992cc
  • エンジン:直列6気筒ディーゼル
  • 最高出力:319ps/4,400rpm
  • 最大トルク:680Nm/1750 -2250rpm

BMW 840d xDrive Cabriolet

  • ボディサイズ:全長4855mm、全幅1900mm、全高1340mm、ホイールベース2820mm
  • 車両重量:2010kg、車両総重量2230kg
  • 排気量:2992cc
  • エンジン:直列6気筒ディーゼル
  • 最高出力:319ps/4,400rpm
  • 最大トルク:680Nm/1750 -2250rpm

【価格(税込)】

  • BMW 840d xDrive:1237万円
  • BMW 840d xDrive M Sport:1360万円
  • BMW 840d xDrive Cabriolet:1334万円
  • BMW 840d xDrive M Sport Cabriolet:1443万円

BMW 8シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る