BMW 8シリーズクーペ M850i xDrive (AWD/8AT)ジェントルにさりげなく【試乗記】

マニアック評価vol.679
「駆けぬける歓び」を深掘りvol.2

BMWの8シリーズクーペは、ラグジュアリークーペを再定義するモデルとしてデビューしてきた。一線級のスポーツ性能を持ちながら、優雅にエレガントに立ち居振る舞い、事も無げにこなすその姿こそ、BMWのフラッグシップクーペであるという。

BMW M850i xDrive 試乗記

THE 8

「え〜、こんな風にも走るの?」という驚きが全てを物語っている。試乗は箱根のワインディングと自動車専用道で、走り始めはステアリングの軽さや大きさを感じさせない取り回しの良さを駐車場で確認し車道に出る。

プレミアムクーペであるのに、こうしたワインディングが似合う8クーペ
プレミアムクーペであるのに、こうしたワインディングが似合う8クーペ

エンジンはV8型4.4Lツインターボで390kW(530ps)/750Nmという強烈なパワーユニットを搭載しながら、エンジン音は一切聞こえて来ず、滑らかに走り出す。そして、とてつもなく滑らかだと感じならがワインディングを走る。ステアリングは当然のごとく車速感応式で全体に軽め。エンジンはアクセルを少し踏むだけで反応し、また、少しの操舵でもノーズが動くというBMWらしさに感心しながらワインディングを流す。

ドライバーオリエンテッドなつくりは8シリーズでも変わらない
ドライバーオリエンテッドなつくりは8シリーズでも変わらない

高級車らしく、ラグジュアリーで豪華なインテリアでその走りを楽しみ、バウワー&ウイルキンスの16スピーカーサラウンドシステムの音楽に浸りながら海岸線を走る気分は最高だ。エンジンの音は微塵も侵入せず、ひたらす滑らかに走る。

BMW M850i xDrive 試乗記

ドライブモードを変え、スポーツにしてみる。するとエンジンが目覚めたかのようにサウンドを奏で始める。そしてステアリングはグッと引き締まり手応えを得る。0-100km/h加速のデータは3.7秒だ。ピュアスポーツカーと比較できるスペックで加速していく。

ワインディングではサスペンションの動きも素晴らしい。コンフォートモードでは、しなやかに動きつつロールは抑えられ安心感を得られるが、スポーツモードでは、アクティブMサスペンションがボディの動きを引き締め、さらに電子制御されるモーター駆動のスタビライザーが前後に装備され、ロールを抑え、場合によっては逆のねじれまで作動し、ボディを安定させる。

クリスタルのシフトノブ
クリスタルのシフトノブ

ドライバーは意のままに操れ、駆けぬける喜びを謳うBMWらしい走りがそこにある、と改めて味わう。ラグジュアリークーペの再定義とは、こういうことか!と納得する。

最新のテクノロジー

車格的にメルセデス・ベンツのSクーペがライバルと考えるのだろうが、その走りの見事さ、一線級のスポーツドライブを可能とするシャシー性能、ドライバーズカーであることを強く主張するBMWらしさを踏まえると、アストンマーティンのヴァンテージやマセラティのグランツーリスモなどの姿が見え隠れしてくるのだ。どこまでもジェントルマンであり、ダンディズムにおいてのインテリアのしつらえ、エクステリアの力強さ、フェミニンなものはなく、バイタリティ溢れる大人が乗りこなすイメージのクルマだ。

V8型4.4Lツインターボは530ps /750Nmという強烈なパワー
V8型4.4Lツインターボは530ps /750Nmという強烈なパワー

メカニズムでは、プラットフォームにCLARプラットフォームを採用。BMWのFRプラットフォームだが、ボディの骨格は7シリーズと同様に、内部構造部材にカーボン材、ボディ・パネルにアルミ材を適材箇所に使用している。

フロントサスペンションはダブルウイッシュボーン、リヤがマルチリンク式で、アダプティブMサスペンション・プロフェッショナルを装備。これは前述の電子制御スタビライザーが含まれ、コンフォートな状況では脚をよく動かし乗り心地を快適にし、スポーツ走行ではロール剛性を上げる働きがあるシステムだ。

BMW M850i xDrive 試乗記

トランスミッションはZF製の8速で、変速比幅が拡張され、油圧制御システムも改良されておりBMWのエンジンとはテッパンの組み合わせだ。また、4WDのxDrive駆動システムは、前後輪の駆動トルク配分を無段階に可変配分する。

こうした最新のテクノロジーを搭載した新型8クーペは、サーキット走行をこともなげにこなしながら、どこまでも滑らかに走る。常にタイヤの存在がドライバーに伝わり、タイヤを持ってハンドルを切る感覚やタイヤの後ろを押すように踏み込めるアクセルペダルの位置はコンンフォートでもスポーツでも常にクルマを運転している感覚を掴めている。

こうしたBMWらしい走りの性能とBMW伝統のクーペスタイルの美しさを持つ新型8シリーズはラグジュアリークーペの再定義、走りを世に問うモデルと言えそうだ。

なお、話題となっているハンズフリー運転支援機能だが、2019年夏以降から搭載される。が、この導入初期モデルにも機能としては搭載済みであり、夏以降の適用で利用可能になるということだ。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

【価格(税込)】

  • BMW M850i xDrive:1714万円

【諸元】

  • ボディサイズ:全長4844mm、全幅1900mm、全高1345mm、ホイールベース2820mm
  • 乗員:4名
  • ハンドル:左/右
  • V8型4.4Lツインターボ(N63B44D)
  • 最高出力:390kW(530ps)/5500rpm
  • 最大トルク:750Nm /1800-4600rpm

マニアック評価

BMW 8シリーズ 関連記事
BMW 関連記事

BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る