BMW「4シリーズ グランクーペ」「M440i xDrive グランクーペ」登場

BMWジャパンは2021年7月16日、ミドルクラスの4ドア クーペモデル「4シリーズ グランクーペ」、Mモデル「M440i xDrive グランクーペ」を発売しました。デリバリーは9月ころが予定されています。

420i グランクーペ

4シリーズ グランクーペは、スポーティでエレガントなデザインとダイナミックな運動性能を持つ4シリーズ・クーペをベースに、4ドアモデルの機能性を融合させたプレミアム・ミドルクラスの4ドアクーペ モデルです。

420iグランクーペのボディサイズは、全長4785mm、全幅1850mm、全高1450mm、ホイールベース2855mmで、車両重量は1670kg。

エンジンは最高出力184ps/5000-6500rpm、最大トルク300Nm/1350-4000rpmを発生する高効率な2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリンエンジンを搭載。

3シリーズ譲りのスポーティな走りに、さらに磨きをかけグランクーペ モデルらしいダイナミックな走りを実現。サスペンション取り付け部やアンダーフレームを強化するなど高剛性ボディとすることで、ロール剛性の強化、キレのあるスポーティなハンドリングに加え、衝突時の安全性能も向上させています。

また、ボディはアルミニウム材をボンネット、エンジン・キャリアや、接続部に用いることで、ボディ剛性の強化と軽量化を両立させています。

さらに、大きな開口部を持つリヤのハッチバック化に伴う車体剛性低下を補うため、リヤ周りにはブレースを追加しています。

装備では、ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能、運転支援システムとして3眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備。また車載通信モジュールを装備し、常時接続によるITネットワークでコネクテッド・サービスを利用することができます。さらに音声会話だけで車両の操作、情報へのアクセスが可能となる最新の機能である「インテリジェント・パーソナル・アシスタント」も標準装備しています。

価格

Mモデル:M440i xDrive グランクーペ

「4シリーズ グランクーペ」をベースにしたMモデル「M440i xDrive グランクーペ」も同時に発売されました。

M440i xDrive グランクーペ

M社が開発する高性能マシンMモデルには2つのカテゴリーがあり、1つはサーキットでの走行を可能としたMハイパフォーマンス・モデル、もう1つはサーキットで培われた技術を取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルで、今回発表したのはMパフォーマンス・モデルの「M440i xDrive グランクーペ」です。

「M440i xDrive グランクーペ」はMパフォーマンス・モデル専用色となるセリウムグレーをキドニーグリル、エアインテーク、エアブリーザー、ミラーキャップに採用することで、ハイパフォーマンス・モデルとしての存在感と個性を強調。また、トランクリッドには、Mリヤスポイラーを装備し、空力特性を高め、高速走行時の安定性を向上させています。

エンジンは最高出力374ps/5500-6500rpm、最大トルク500Nm/1900-5000rpmを発生する直列6気筒ツインパワー・ターボ・ガソリンエンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.7秒を記録します。また、BMWのインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」や、Mアダプティブ・サスペンション、Mデファレンシャルによって、様々な路面で安定したコントロールとスポーティな走りを実現しています。

価格

BMW 4シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る