BMW 3シリーズにハンズ・オフ可能なエントリーモデル「318iツーリング」を追加

BMWジャパンは2020年9月17日、3シリーズ ツーリングのラインアップに、エントリーモデルとなる「318iツーリング」を追加し発売しました。

新たにラインアップに加わる318iツーリング(右ハンドル)は、最高出力156ps/4500rpm、最大トルク250Nm/1300-4300rpmを発揮する2.0Lの直列4気筒ガソリンエンジンを搭載しています。WLTCモードでの燃料消費率は13.3km/L。そして、このモデル追加により、従来の320i SEツーリングは廃止となります。

318iツーリングは、フロント3眼カメラ、高性能プロセッサー、ミリ波レーダーによって、精度と正確性の高い最先端の運転支援システムを採用。これにより、日本国内においてBMWが最初に認可を取得した「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が利用可能となっています。

「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」は、高速道路での渋滞時に、ドライバーは前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、時速60km/hまでステアリングから手を離して走行が可能となります。

さらにアクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)を始め、ドライバー支援システムを標準装備し、セーフティー・サポートカー(サポカー)として、補助金対象モデルとして認定されています。

この他に、パーキング・アシスタントが標準装備され、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能なリバース・アシスト機能も採用しています。

またインターネット常時接続の車載通信モジュールを標準装備し、BMWコネクテッド・ドライブが利用できます。さらにiOS対応のスマートフォン向けアプリ「BMW Connected」を導入し、車両とユーザー、情報をシームレスに繋げ、新しいパーソナル・アシスタント・サービスを利用することができます。

価格

BMW 3シリーズ 関連情報
BMW 関連情報
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る