BMW、ドコモ 日本初の5G/eSIM対応コネクテッドカーサービス開始

BMWジャパンとNTTドコモは2022年3月1日、BMWが販売する最新モデルのBMW iX、i4に日本初となる5G通信とコンシューマーeSIMに対応したコネクテッドカーサービスの提供を開始した。

ドイツ本社のBMWグループ、BMWジャパンとドコモは、2018年12月からクルマへのコンシューマーeSIM搭載における協業の検討を開始していた。BMWの車両に5G通信モジュールとコンシューマーeSIMを搭載してモバイル通信を利用可能にする仕組みを共同開発し、このほどiX、i4がコネクテッドカーとして初めてドコモのワンナンバーサービスに対応した。

採用第1弾は最新モデルの「iX」、「i4」

なおコンシューマーeSIMは、GSMA(GSM方式の携帯電話システムを採用している移動体通信事業者や関連企業からなる業界団体)の規格に準拠したリモートでのプロファイルの書き込みが可能な車載通信モジュール用SIMだ。

また今回採用されるドコモのワンナンバーサービスは、1つの電話番号をスマートフォンとアクセサリ端末で共有し、アクセサリ端末での音声通話やデータ通信を月額550円(税込)で利用できるオプションサービスとなっている。

これにより、スマートフォンで利用中の電話番号や料金プランを、そのままBMW車両での音声通話やデータ通信にも使用することができ、スマートフォンとBMW車両を従来のようなBluetoothで接続することなく車内での音声通話、インターネット通信の利用環境がより快適になる。

iX、i4には、従来からBMWコネクテッド・ドライブとして各種サービス提供のため、通信モジュールとeSIMが搭載されているが、これに加えて今回のサービスで利用するコンシューマーeSIMと5Gモジュールを搭載し、5G通信に対応した。

コンシューマーeSIM

車両に搭載されている最新のモバイル通信技術であるDSDA(Dual-SIM-Dual-Active)で2つのeSIMを同時にアクティブにすることにより、従来からのBMWコネクテッド・ドライブの通信に加え、利用者自身の音声通話やデータ通信も車両を経由して利用することが可能となるのだ。

また、コンシューマeSIMを活用した5G対応の車内向けWi-Fiのセットアップが可能となり、車内でスマートフォンやタブレット端末などを最大10台までWi-Fiに接続し、5Gの高速データ通信の使用が可能となる。

このサービスは、ドコモのワンナンバーサービスの契約とともに、BMWが提供するMy BMWアプリまたはBMWポータルサイトにBMW IDでログイン後、表示されたドコモのサイトにdアカウントでログインし、BMW IDとdアカウントを連携させることで使用可能となる。このBMW IDとdアカウントの連携により、個人で購入した車両だけでなく、レンタカーやカーシェアなどでBMW iX、i4に乗車する際にも、このサービスの使用が可能となる。

なお、iX、i4に加え、今後発売される他のBMWモデルもこのサービスに対応する予定で、そのために一部のモデルでは、ソフトウェア・アップデートが必要になる場合ある。

NTTドコモ 公式サイト

BMW iX 関連記事
BMW i4 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る