BMW 新型「2シリーズ アクティブツアラー」国内販売スタート

BMWジャパンは2022年6月14日、2代目となる新型「2シリーズ アクティブツアラー」の発売を開始した。なおデリバリーは6月以降が予定されている。

プレミアム・コンパクト・クラスのFF駆動のスポーツ・アクティビティ・ツアラー(多用途MPV)「2シリーズ アクティブツアラー」は、第2世代となり従来のF45型からU06型に生まれ変わった。本国では今年2月から発売が開始されている。

このニューモデルは「UKLプラットフォーム2」を採用。従来とホイールベースに変更はないが、全高の高いプロポーションの空力性能を大幅に向上させることを目指して開発された。そのため、キドニーグリルとフロントエプロン下部の吸気口は可動式エアフラップ制御を採用。

フロントエプロン外側にはエアカーテンを設置し、左右のドアハンドルはフラッシュ一体型に、そしてリヤエンドは排気口を下側に向け高位方から見えないデザインのリアエプロンを装備している。

エクステリア・デザインは、八角形をイメージした大型化したキドニーグリルにより存在感を高め、両サイドに流れるようにデザインされたアダプティブLEDヘッドライトを装備。リアは、ワイドかつパワフルなデザインとし、モダンでスタイリッシュな印象としている。

iX譲りのディスプレイ

インテリアは、BMWコンパクト・クラスで初となるiX譲りのカーブド・ディスプレイを採用している。カーブド・ディスプレイは、メーターパネルとコントロール・ディスプレイを一体化させ大型化し存在感を増し、運転席側に傾けることで視認性を高め、タッチ操作がしやすくなっている。

iDriveコントローラーは廃止され、いくつかのボタンを除いて、ジェスチャーとタッチスクリーンまたは音声により操作するようになっている。

またシフト・レバーも廃止され、センター・アームレストに操作系を全て納めるなど機能性を向上。また、センター・コンソールにQi対応スマートフォンを置くことで、置くだけ充電も可能となっている。

リヤシートは、大人3名が座れる空間を確保するとともに、40:20:40分割可倒シートの採用により、ラゲッジ・スペースを有効活用することができる。リヤ・シートに3名が乗車した状態でもシートを最大で130mm前にスライドさせることによりラゲッジ・スペースを拡大することも可能。またスライドさせなくても背もたれを直角にすることによりラゲッジ・スペース容量を90Lも拡大することもできるなど、積載の利便性が向上している。

ボディサイズは、全長4385mm、全幅1825mm、全高1580mm(Mスポーツは1565mm)、ホイールベース2670mm。最低地上高は標準モデルが181mm、Mスポーツは166mmで15mmローダウンされている。

ガソリンとディーゼルで展開

グレード展開は、218i アクティブツアラー(ガソリン)、218d アクティブツアラー(ディーゼル)で、標準がエクスクルーシブ、スポーティ仕様がMスポーツとなっている。

パワーユニットは、1.5L・3気筒のガソリンエンジンと、2.0L・4気筒のディーゼルエンジンをラインアップ。ガソリンエンジンは、最高出力156ps/5000 rpm、最大トルク230Nm/1500-4600rpmを発揮する高効率なツインパワー・ターボ・ガソリンエンジンだ。そしてトランスミッションは7速DCTが組み合わされている。燃費はWLTCモードで14.1km/L。

ディーゼルエンジンは、最高出力150ps/4000 rpm、最大トルク360Nm/1500-2500rpmを発生。トランスミッションは、7速DCTが組み合わされている。燃費はWLTCモードで19.5km/Lと優れている。

なお本国では、48Vスタータジェネレーター付きマイルドハイブリッド、プラグインハイブリッドもラインアップされている。

最新の運転支援システムやコネクテッドサービス

運転支援システムは、高性能カメラ&レーダー、高性能プロセッサーによる高い解析能力を持つ統合ECUを組み合わせた先進安全機能ドライビング・アシストを標準装備。アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーンチェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)、レーンディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィック・ウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能などを標準装備としている。

またパーキング・アシスタントには、車両が時速35km以下で直前に前進したルートを最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバース・アシスト機能も標準装備。

コネクティビティは、車載通信モジュールを搭載し、クルマと情報をITネットワークで繋ぐBMWコネクテッドドライブを標準装備。スマートフォン向けアプリ「My BMW」により、クルマとユーザー、情報をシームレスに繋げるパーソナル・アシスタント・サービスも実現している。

この他に、BMWデジタル・キー・プラスを標準装備し、車両のキーを持たなくてもスマートフォン、またはスマートウォッチを携行していれば、車両に近づくだけでロック解除が可能で、さらに車室内にロック解除に使用したデバイスがあるだけで、エンジンの始動も可能となっている。

またインテリジェント・パーソナル・アシスタントも装備されており、「OK、BMW」、または「2シリーズ」と呼びかけることで、AI技術による自然な会話に近い言葉で、ドライバーの指示や質問を車両が理解し、適切な機能やサービスを起動可能にすることができる。

その他に、Amazonの音声サービス「Alexa」が装備され、Alexaに話しかけるだけで天気予報やニュースの確認、音楽ストリーミングの再生、Amazon.co.jpでのショッピング、対応するスマートホームデバイスの操作などが可能になるなど、コネクテッド・サービスの充実度はトップレベルとなっている。

価格

BMW 2シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る