BMW「1シリーズ」の標準装備を充実させて発売

BMWジャパンは2021年6月1日、コンパクト・モデルの「1シリーズ」に人気の高いオプション装備品を、標準装備化することで商品力を高め発売しました。

1シリーズで人気のオプション装備品を標準装備化することで、快適性やデザイン性を向上させ、魅力的な価格を実現しています。

追加で標準装備となったのは、アクティブ・クルーズコントロールやオートマチック・テールゲート・オペレーション、電動フロント・シート(運転席&助手席、運転席メモリー機能付)です。

「118i」はさらに、ドライビング・アシスト(他グレードは従来から標準装備)も標準装備となり、安全性と快適性が向上。

デザイン装備としては、BMW Individualアルミニウム・ライン(Mスポーツ、Mスポーツ・エディションジョイ+は従来から装備)が全グレードで標準装備となりました。また、プレイ/プレイ・エディションジョイ+には、イルミネーテッド・ベルリン・インテリア・トリム(Mスポーツ、Mスポーツ・エディションジョイ+は従来から装備)が標準装備となっています。

価格

BMW 1シリーズ 関連記事
BMW 関連記事
BMW 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る