【読み物】天才エンジニア ベントレーの100周年記念【2動画付】

この記事は2019年7月に有料配信したものを無料公開したものです。

ベントレーモーターズは、2019年7月に創業100周年を迎えた。創業者のウォルター・オーウェン・ベントレーは親しみを込めて「W.O.」と呼ばれた。彼は、馬と馬車が一般的な輸送手段だった1888年にロンドンで生まれた。11人の大家族で育ち、控え目な学校生活を送ったW.O.は、16歳で学校を卒業するとグレートノーザン鉄道で見習いとして働き始めた。しかし、新しい時代に向けて革新に熱意を持ち続け、成功へと突き進んでいった。

若き日のウォルター・オーウェン・ベントレー
若き日のウォルター・オーウェン・ベントレー

内燃機関への興味

鉄道会社でW.O.は、蒸気機関の魅力に取りつかれ、彼の父親はW.O.を英国北部のドンカスターで有償見習い(Premium Apprentice)とするため、決して安くはない75ポンドの費用を投じた。しかしW.O.は、は見習い期間が終わっても職場の序列を登り詰めるまでには何年もかかることに気付き、新しい分野を探すことを決心した。彼には優れた先見の明があり、その興味の先を蒸気機関から急速に発達し始めていた内燃機関に視線を向けたのだ。

W.O.は内燃機関に魅了され、有名なマン島ツーリスト・トロフィーなど全国のレースイベントでモーターサイクルのレースに参加した。彼の兄弟の1人がフランス車の輸入ビジネスを始めたのを契機に、彼もそのビジネスに参加。その後、自身のレースカーのための軽量なピストンを作るために、密かに新しくアルミニウムと銅の合金を作り出した。

その後、勃発した第一次世界大戦中には英国海軍航空隊(RNAS)に委託され、愛国心から自らが開発した軽量ピストンのアイデアを提供した。これにより海軍航空隊はより強力で信頼性の高い航空機用エンジンを生み出すことになった。

W.O.の努力に感銘を受けた彼の上司は、まったく新たなロータリー式航空機エンジンの設計に着手することを許した。彼はイギリス・コベントリーにあるハンバー社の工場で、実験に利用できるすべての施設と、技術者に指示する権限を与えられた。そのエンジンは大成功を収め、ただちに戦時量産体制で製造が開始された。

ソッピース・キャメル海軍・戦闘偵察機
ソッピース・キャメル海軍戦闘偵察機

軍用機エンジンの成功

そのロータリー式エンジンは、有名な戦闘偵察機ソッピース・キャメルの海軍仕様機に搭載されて評価を高めた。この一人乗りの複葉機は、20世紀の航空史上最も有名な航空機の一機となっている。

星型ロータリーエンジン「BR1」(左)と「BR2」。星型シリンダーが回転するロータリーエンジン
星型ロータリーエンジン「BR1」(左)と「BR2」。星型シリンダーが回転するロータリーエンジン

このエンジンは、当初「アドミラルティ1(Admiralty1)」と名付けられたが、後に創業者を尊重して名称が変更され、「ベントレー・ロータリー(Bentley Rotary)」と名付けられ、また後に「BR1」と命名された。W.O.はさらに開発を継続し、1918年には、その後多くの航空機に搭載されることになる「BR2」を開発し、より大出力(230bhp)の星形9気筒エンジンを製造した。このエンジンは戦後も使用され続け、その後の数年間、世界各地域で活躍した。このエンジンは、軍用の中では最もパワフルなロータリー式エンジンとされている。

ベントレー・モーターズの誕生

革新的なエンジニアとして才能を実証したウォルター・ベントレーは、終戦と同時に自動車の世界へ一歩を踏み出し、彼の名を冠した自動車を造ることにした。戦争が終わると彼が行なった重要な貢献に対して、発明者報奨委員会から8000英ポンドの助成金と大英帝国の勲章MBE:Most Excellent Order the British Empireが授与された。

1919年に、彼は自動車製造会社を設立するためにその資金を使い、自身の夢を実現させた。「速いクルマ、良いクルマ、クラス最高のクルマ」という、彼が何度も繰り返し達成することを目指した、新たな自動車メーカー「ベントレー・モーターズ」がこの時誕生した。

ベントレー・モーターズを設立後、1924年〜1930年にル・マン24時間レースで5回優勝を飾るなど、ベントレーの高性能スポーツカーはモータースポーツで性能を実証し、高級・高性能スポーツカーメーカーとして世界の富裕層に好まれる存在となった。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る