アウディ 新型「S6セダン/S6アバント」「S7スポーツバック」を発売

アウディ ジャパンは2020年8月25日、超高性能のプレミアムアッパーミドルセダン/ステーションワゴンのS6/S6アバントと、プレミアムスポーツ4ドアクーペ、S7スポーツバックを、9月15日から発売すると発表しました。

「S」の称号が与えられたモデルは、圧倒的なパワーと環境性能を両立する先進的なエンジンと、「クワトロ」フルタイム4WDシステムを搭載し、圧倒的なパフォーマンスと運動性能、そして高い実用性を兼ね備えたアウディのスポーツモデル。

S6 セダン

今回発売される新型S6/S6アバント(タイプC8)、S7スポーツバック(C8)のエクステリアは、新しいアウディのデザイン トレンドを体現し、スポーティさとエレガントさ、そしてハイテクであることを表現しています。

S6 アバント

Sモデル専用デザインの前後バンパーを装備し、悍さを強調。インテリアはブラック基調で、バルコナレザーを用いたSロゴ付きのスポーツシートやマット仕上げのアルミニウム製デコラティブパネルなどを採用し、スポーティさを強調しています。

S7 スポーツバック

シャシーはSモデル専用設定のアダプティブ エアサスペンションを装備しており、オプションのリヤ スポーツデファレンシャルと組み合わせることで、ダイナミックな走行性能を実現しています。

S6、S7共通のパワートレーンは、最高出力450ps、最大トルクは600Nmを発揮する新開発の2.9L V6ターボエンジンを搭載。8速ティプトロニック トランスミッションと組み合わせています。駆動方式はクワトロ(フルタイム4WD)です。

エンジンの技術的ハイライトとして、マイルドハイブリッドシステム(MHEV)を新たに搭載。これは48Vリチウムイオンバッテリーと、クランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルト オルタネーター スターター)により構成され、省燃費を実現しています。

またターボチャージャーと同時に電動コンプレッサー(EPC)を搭載することで、エンジンが低回転域でもターボラグのない素早い加速を実現しています。

装備では、最新のデジタル技術やセーフティ技術も充実。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテイメント システムを採用。アダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブドライビングアシスタントなど先進的な運転支援システムを備えています。

価格

アウディA6 関連記事
アウディ A7 スポーツバック 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ・ジャパン公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る