アウディが新型レーシングカーR8 LMS GT4を発表

2017年4月12日、アウディはニューヨーク国際オートショーに先駆けてR8 LMS GT4を発表した。これはR8 LMS GT3やR8 LMS、R3 LMSに続く、生産モデルをベースとしたレーシングカーとなる。

Audi R8 LMS GT4
R8クーペV10をベースとしていて、構成部品の約60%は共通のもの

このR8 Coupe V10をベースとしたR8 LMS GT4は、アマチュアチームも購入でき、最初に参戦するレースは5月25日から開催されるニュルブルクリンク24時間レースとなる。

構成されているパーツはR8 Coupeと60%以上が共通となっているため、購入価格や維持費はレーシングカーとしてはリーズナブル。これによってアウディは、ハイパフォーマンスな戦いの場においてもグローバルリーダーとなることを目指している。

ーーAudi Sport GmbHマネージングディレクター ステファン・ヴィルケマン氏
「GT4カテゴリーのモデルが世界参戦できるレースシリーズは、現在世界中で13もあります。Audi Sport GmbHは、GT3とTCRカスタマースポーツのカテゴリーに最大規模で車両を提供しているメーカーのひとつです。そして今、この注目のGT4クラスに向けても活動を行なっています。この急成長しているセグメントと、私たちのレースカーと市販モデルとの間で共有されるDNAの組み合わせにより、アウディはハイパフォーマンスの闘いにおいて真のグローバルリーダーとなるという決意をあらたにしています」と話している。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る