アウディ クーペスタイルの「Q5スポーツバック/SQ5スポーツバック」を発表

アウディ ジャパンは2021年7月14日、ミッドサイズSUV「Q5」シリーズに、新たにクーペ・スタイルのプレミアムミッドサイズSUV、「Q5 スポーツバック/SQ5 スポーツバック」を8月17日から発売すると発表しました。

「Q5スポーツバック/SQ5スポーツバック」は、ミッドサイズSUV「Q5」シリーズに新たに追加されたクーペスタイルのSUVで、スポーティなキャラクターと高い実用性を融合させたニューモデルです。

アウディのスポーツバック・シリーズのクーペ風ルーフデザインをSUVモデルにも展開したもので、SUVではe-tronスポーツバック、Q3スポーツバックに続く3番目のスポーツバック・モデルとなります。

エクステリアはベースとなるQ5のデザインコンセプトを踏襲しながら、フロントのシングルフレームグリルやルーフ、前後バンパーなどを専用デザインとすることでクーペ・スタイリングを強調。

グレード構成はアドバンスド、S lineの2種類としています。アドバンスドはQ8が採用しているグリッド形状のグリルにマットアルミ・ルックの垂直ラインを採用。さらにオプションとして、マトリクスLEDヘッドライトや19インチアルミホイールなどを含むプラス・パッケージを用意。

S lineは専用のアルミニウムルック・インサート付ハニカムメッシュグリルを採用し、マトリクスLEDヘッドライトを標準装備。前後のLEDライトにはダイナミックインジケーターを内蔵しています。なお両グレードともにQ5に装備されるルーフレールが省かれています。

新しいテクノロジーとしては、後続車へのアラート機能をもつマトリクスOLEDリヤライトをQ5スポーツバック40TDI 1stエディションとSQ5スポーツバックに標準装備しています。これは、停車中に後続車が2m以内に近づくと超音波センサーが探知し、リヤOLEDライトがすべてのセグメントを点灯させて、後続車のドライバーに注意を促すものです。

ボディサイズはQ5と比べて、全長+15mm、全高-5mm、全幅は共通で、クーペ・スタイリングにもかかわらず、リヤ席の居住空間はほぼ同等です。またラゲッジスペースの容量もQ5の520L/1520L(リヤシートを畳んだ場合)に対して510L/1480Lと遜色ない容量を確保しています。

インテリアは2021年春にマイナーチェンジしたQ5と同様に、最新のインフォテインメントシステムMIB3を採用。10.1インチにサイズアップしたセンタースクリーンはタッチパネル式となり操作性の向上を図るとともに、よりシンプルでクリーンなコックピットデザインを採用。

ネットワークの常時接続は、物理的なSIMカードではなく、eSIMを用いて行ないます。またシート素材はアドバンスドはスタンダード仕様、S lineはマイクロファイバースエードのダイナミカ(Dinamica)とレザーのコンビネーション仕上げとなっています。アドバンスドは、ドアアームレストやセンターコンソールに人工皮革トリムとし、リヤシートヒーターなどを採用したラグジュアリーパッケージを設定しています。

パワートレインは、2.0L直列4気筒直噴TDIターボディーゼルエンジン(204ps/400Nm)にベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステム(MHEV)を採用。クワトロシステムは燃費を向上させるAWDクラッチ付と、7速Sトロニック トランスミッションを組み合わせています。

クラッチ付きクワトロは、システムが4WD走行を不要と判断したときには、AWDクラッチによりプロペラシャフトと、リヤデファレンシャル内のデカップリングクラッチによりリヤドライブシャフトを切り離すことで、前輪のみを駆動します。またBASにより、コースティング(惰力走行)時にはエンジンを完全停止するなど燃料消費量を抑制します。

SQ5 スポーツバック

Q5スポーツバック・シリーズの高性能バージョン「SQ5スポーツバック」は、アルミニウムルック・インサート処理のSモデル専用のハニカムメッシュ シングルフレームグリルを装備。シート素材はダイナミカ/レザーのコンビネーションを標準装備とし、オプションのレザーパッケージを選択すると、ダイヤモンドステッチ付きのレザーシートとなります。また左ハンドル仕様も選択が可能となっています。

SQ5 Sportbackのパワートレーンは、最高出力354ps、最大トルク500Nmを発揮する3.0L V型6気筒TFSIターボエンジンに8速ティプトロニックATを組み合わせています。機械式センターディファレンシャルを搭載するクワトロ4輪駆動システムと、ダンピングコントロール機能付きSスポーツサスペンションにより、ダイナミックなハンドリング性能と上質な乗り心地の両立を実現。ホイールは5ツインスポークデザインの20インチ・アルミホイールを標準装着。オプションで21インチホイールも選択可能です。

エクステリアカラーはSQ5とS line専用色として、クワンタムグレー、ウルトラブルーメタリック、ディストリクトグリーンメタリック、デイトナグレーパールエフェクトの4色を設定。

導入記念の1stエディション

新型Q5スポーツバックの導入を記念して、限定車「1stエディション」が発売されます。「40TDIクワトロS line」をベースとし、通常Q5スポーツバックにはオプション設定のないマトリクスOLEDリヤライトを特別装備。さらにコントラストペイントやコントラストカラーの20インチホイール、ダンピングコントロール付きサスペンション、ファインナッパレザーのインテリアなどを採用しています。コミュニケーションカラーのウルトラブルーメタリックが130台、グレイシアホワイトメタリックが100台、計230台の限定販売となっています。

アウディ Q5 スポーツバック 諸元表

価格

アウディ Q5 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る