アウディ 「A6」「A7スポーツバック」に2.0L・4気筒エンジンの「45TFSI クワトロ」追加

アウディ・ジャパンは2020年1月22日、Eセグメントのセダン、ワゴン、スポーツバックに2.0L・4気筒エンジン+4輪駆動搭載モデル「A6 45TFSIクワトロ」、「A7スポーツバック45TFSIクワトロ」を、発売した。

A6セダン(左)とA6アバント
A6セダン(左)とA6アバント

12Vマイルドハイブリッドを採用

これまでA6、A7 スポーツバックは3.0TFSIエンジンが導入されていたが、2.0TFSIを搭載するグレードが追加され、ラインアップの幅を広げることになった。排気量1984ccのTFSIエンジンは、直噴ターボにより245ps/370Nmを発生し、さらに今回から新たに12Vのマイルドハイブリッド・システムを組み合わせている。既存の3.0LTFSIモデルには48Vのマイルドハイブリッドが搭載されている。

ベルト駆動のオルタネーター/スターター(BAS)はクランクシャフトに接続されており、エネルギー回生とスムーズなエンジン再始動を実現している。このBASは最大5秒間、6kW(8ps)と60Nmの力でエンジンをアシストすることができ、その回生とアシスト効果によりヨーロッパ燃費基準で100km走行あたり最大0.3Lの燃費削減が可能だ。なおマイルドハイブリッド・システム用に追加されたリチウムイオン・バッテリーは0.15kWhの容量を持ち、エンジンルーム内に配置されている。

A7 スポーツバック
A7 スポーツバック

両モデルともトランスミッションはデュアルクラッチ式の7速Sトロニックで、クワトロ・システムにもインテリジェントなAWDクラッチを備える最新タイプを採用し、高効率と高いドライビング・ダイナミクスを両立させている。

装備では、スマートフォンのような操作ができるMMIタッチレスポンスを、55TFSI同様に標準装備。快適性とハンドリング性能を両立させたダンピングコントロール・サスペンションやダイナミックオールホイールステアリングはオプション設定されている。

【ラインアップと価格】

アウディ 「A6」「A7スポーツバック」に2.0L・4気筒エンジンの「45TFSI クワトロ」追加

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

アウディ A6 関連記事
アウディA7 スポーツバック 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る