アウディ 電動化戦略を推進 2023年はQ8導入や150kW急速充電網を拡大へ

アウディ ジャパンは2023年1月20日、メディア向けに「Audi New Year Press Conference 2023」を東京都内で開催し、アウディ ジャパンのブランド・ディレクターであるマティアス シェーパース氏は、2022年度の業績を振り返るとともに、2023年度にe-tronの普及を推進、さらなる急速充電ネットワークの拡充を主軸とした電動化戦略に積極的に取り組むことを発表した。

事業提携を行なうパワーエックス社の伊藤正裕CEO(左)とマティアス シェーパース氏

アウディジャパンは2022年に、Q4 e-tronの導入を行なうとともに、社内に部署や役職にとらわれないクロスファンクションチームを発足させ、ディーラーとのさらなる連携強化、そして社内を含めた100年に一度の変革期に順応するべく意識改革を進めてきた。

また同時にアウディe-tron店に150kWという高出力急速充電器を2022年度内に52基設置し、セールススタッフが電気自動車販売に必要な知識を身に着けることを目的とする「e-tron資格認定制度」の導入、そして持続可能な社会の実現の重要性について、一人ひとりが考えるきっかけの場を作ることを目的とする「Audi Sustainable Future Tour」の開催を行なうなど、日本でのe-tron戦略を加速させている。

さらにフォルクスワーゲン ジャパン、ポルシェジャパンと展開する急速充電ネットワーク「プレミアム チャージング アライアンス」により、ドイツ輸入車3ブランド総合計で約210拠点222基の90〜150kW急速充電器を段階的に使用可能になることで、3ブランドのオーナーの利便性が高まる日本最大級の急速充電ネットワークを構築している。

アウディは2023年末までに150kW急速充電機をディーラー102店舗に設置する

e-tron GT、e-tron、Q4 e-tronというEVシリーズをラインアップして販売を促進すると同時に、アウディは他の自動車メーカーに比べてより積極的にバックグラウンド作りを推進しているのだ。その成果としてe-tronファミリー初のコンパクトSUVであるQ4 e-tronは2000台以上の受注を獲得している。

そして2023年はQ8を導入するなどe-tronのラインアップをさらに拡充するのに合わせ、充電ネットワークの基礎をより強化するため、2023年は全国のアウディe-tron店に既に設置されている50基の50kW〜90kW急速充電器を150kW急速充電器に置き換え、150kW急速充電器を全国合計で102基にすることで急速充電ネットワークを拡大する。

スイス・チューリッヒの商業地区に設置されたアウディ・チャージング・ハブ

そしてマティアス シェーパース氏は、アウディ本社が展開しているドイツ・ニュルンベルク、スイス・チューリッヒに設置されているアウディの都市型充電コンセプト「アウディ・チャージング・ハブ」を、ヨーロッパ以外で世界初となる東京に設置する計画を発表した。

プレハブ設置型のチャージング・ハブ。蓄電池を利用した高出力充電施設。蓄電池はEVのバッテリーの再利用

【関連記事】「アウディ チャージング ハブ」:https://autoprove.net/imported-car/audi/208235/

このチャージング・ハブにより、主に自宅で充電できない都市部のマンションのオーナーのEVの利便性を大きく広げ、新たなEVによるライフスタイルを提供することが可能になるのだ。

アウディブランド ディレクターのマティアス シェーパース氏は以下のように語っている。

「引き続き日本における電動化戦略に注力し、2023年度はこれまで築いてきた急速充電ネットワークをさらに拡大していきます。アウディがNo.1プレミアムBEVブランドとなる目標に向けて一歩ずつ着実に前進し、これまで以上にお客様にe-tronを選んでいただける環境を作ります」

パワーX社が今年から設置を開始する高出力急速充電機「パワーXチャージ」

そして、パワーエックス社の伊藤正裕CEOとマティアス・シェーパース氏のトークセッションが行なわれ、伊藤氏は日本における電気自動車の充電について下記のように述べた。

「EVは電源が重要です。本来の環境メリットを発揮する為には電気がクリーンである必要があります。今の日本の再エネの利用状況と昼晩の電源構成、特に多くの方が充電される夜間は火力が電源構成の大半を占める事を考えると、蓄電池を使って再エネを貯めてEVに充電することが大切。また、日本は集合住宅の比率が高いことから経路充電のニーズが高く、外出時に短時間で充電できることがこの先とても重要になります」

トークセッションの最後に、マティアス シェーパース氏よりアウディとパワーエックス社で充電に関する事業提携の基本合意書を締結したことを発表し、アウディはパワーエックスが開発する超急速充電器「Hypercharger」を日本国内のアウディe-tron店へ導入すること、両社が共同で日本国内への「Audi charging hub」の設置運営に関して協議、具体検討を進めることを発表した。

このようにアウディは、EVのe-toronシリーズをラインアップし販売するとともに、より利便性を高める充電インフラ網の拡充など、他の自動車メーカーより積極的に関与している方向性を強くアピールしている。

高出力の急速充電網が拡大すれば、充電時間の大幅な短縮が可能になり、バッテリーの航続距離を心配することなくEVの利用が実現することになるのだ。

パワーX 公式サイト

アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る