アウディ スーパーGT、スーパー耐久、TCRジャパンに参戦

アウディ ジャパンは2022年3月15日、2022年度のAudi Sport customer racingチーム体制を発表した。

アウディスポーツ(ワークス・チーム)は、2022年から新たに新開発のハイブリッドカーをダカールラリーから投入した。ダカール・ラリーに参戦した3台のRS Q e-tronは、2万4000kmにおよぶ過酷なオフロードラリーを走破した初の電動車として、新時代を切り開いた。そして3月に行われたFIA世界ラリーレイド選手権の第2ラウンド、アブダビデザート・チャレンジでは、初優勝を成し遂げている。

電動パワートレインと高電圧バッテリーを組み合わせたRS Q e-tronは、気温は日陰でも40度を越え、路面は柔らかな砂地で走行抵抗が大きく、冷却システムにも高負荷の砂漠のラリーを制した世界初の電動車としてモータースポーツの歴史に名を刻むことになった。
また2021年シーズンのグローバルのカスタマーレーシング活動では、世界中の顧客へR8 LMS GT2、GT3、そしてGT4の3バージョンとRS 3 LMS TCRツーリングカーの販売およびサービスを提供し、国内外のさまざまなカテゴリーで合計62個のタイトルを獲得した。2022年シーズンは、1月のドバイ24時間レースでGT3スポーツカーのR8 LMSが1-2フィニッシュを収め、幸先の良いスタートを切っている。

日本での2022年シーズンは、アウディ ジャパンはAudi Sport customer racingプログラムにより、スーパーGT GT300クラスにR8 LMSで参戦する1チーム/1台、スーパー耐久シリーズST-ZクラスにR8 LMS GT4で参戦する2チーム/2台、TCRジャパンシリーズにRS 3 LMSで参戦する2チーム/2台の合計5チーム/5台のカスタマーチームをサポートすることになった。

今年も専用のトレーラーにボディ、トランスミッション、エンジンなど、レース車検に適合する約3100アイテム、約1万1000点の部品を積載し、いかなるレース展開にも対応できるように体制を整えて、スーパーGT、スーパー耐久、およびTCRジャパンに参戦するチームとともにサーキットを転戦することになっている。

スーパーGT GT300

昨シーズンから豊富な実績を持つベテランの本山哲選手とのジョイントプロジェクト「Team LeMans with MOTOYAMA Racing」が、R8 LMSを擁しスーパーGT GT300クラスへの参戦を開始した。

今シーズンのR8 LMSは、新たに昨年ヨーロッパで実戦投入が始まった改良バージョン、エボリューションⅡのパーツを組み込み、空力、エンジン特性、エアコン、トラクションコントロールなどのアップデートが図られている。

MOTOYAMA Racing with Team LeMans

またチーム名を、昨年以上に積極的な立場でエンジニアリングを含めたチーム運営に携わっていく本山哲選手の名前を前面に押し出す形で、「MOTOYAMA Racing with Team LeMans」へと変更。ドライバーラインアップは昨年同様、Aドライバーは本山哲選手、Bドライバーは若手の片山義章選手を起用。マシンのカラーリングは鮮やかなブルーを基調としたもので、引き続きヨコハマタイヤを採用している。

スーパー耐久

スーパー耐久シリーズのST-Zクラスは、GT3とTCRの間を埋めるGT4マシンによって争われる。

R8 LMS GT4は、市販車のR8 クーぺと60%以上の構成部品を共有しており、速さはもちろん安全性、耐久性、整備性に優れている。今シーズンの ST-Zクラスには、3シーズン目を迎える Team AS Sportが、24時間レースを含むスーパー耐久シリーズに参戦する。

Team AS Sport

また昨年までスーパーGT GT300クラスで活躍していたAudi Team Hitotsuyamaが戦いの場をスーパー耐久に移し参戦を開始する。両チームともに、6月3〜5日に富士スピードウェイで開催されるスーパー耐久シリーズ2022第2戦「富士SUPER TEC 24時間」レースから参戦を予定している。

TCRジャパン

TCRシリーズは、4ドアまたは5ドアで、2.0L以下のターボエンジンを搭載した前輪駆動車によるレースだ。ヨーロッパで2015年に発足して以来、世界各地で人気を博しており、2022年は国内で6戦が予定されている。

BRP

RS 3 LMSを擁し参戦するのは、バースレーシングプロジェクト(BRP)と、TEAM MOTOYAMAの2チームの予定で、BRPは、新型RS 3 LMS Gen2を導入し、参戦することになっている。

アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る