【フランクフルトモーターショー2019】アウディ コンセプトカー4台を出展

アウディは2019年9月6日、フランクフルトモーターショー(IAA)2019の出展概要を発表した。このショーではコンセプトカーの「AI:TRAIL」、ニューモデルの「RS 7スポーツバック」のワールドプレミアを行なう他、多数のニューモデルを展示する。

アウディ コンセプトカー4台を出展 フランクフルトモーターショー2019

出展概要

アウディのスタンドに展示される26車種のうち、半数以上のモデルが初公開されるクルマだ。A4、Q7はマイナーチェンジされたニューモデルで、A1 citycarver(シティカーヴァー)、Q3 スポーツバック、RS 6アバントは初出展となる。

新型RS6
新型RS6

新型RS6に搭載される4.0L・V8ツインターボ。600ps/800Nmを発生
新型RS6に搭載される4.0L・V8ツインターボ。600ps/800Nmを発生

アウディデザインの未来のビジョンを示す4台のコンセプトカーも展示される。これらのコンセプトカーは、アウディスタンドで注目を浴びるだろう。ワールドプレミアを果たすオフロードモデルのコンセプトカー「AI:TRAIL」に話題を集中するはずだ。このショーモデルは、電気駆動システムと革新的なボディコンセプトで、自動車のジャンルを再定義するとしている。

新型S5 スポーツバック
新型S5 スポーツバック

フォーミュラEマシンもアンベール

モータースポーツの部門では、フォーミュラEのニューマシン、e-tron FE06がベールを脱ぐ。ドライバーは、ダニエル・アプトとルーカス・ディグラッシがシーズン6も継続して起用される。e-tron FE06は新しいカラーリングを纏い、さらに進化したテクノロジーが搭載されている。

フォーミュラEのニューマシン、e-tron FE6
フォーミュラEのニューマシン、e-tron FE6

チーム Audiスポーツ・ABTシェフラーは、長期にわたって良好な関係を構築してきたパートナーとともに新しいシーズンを迎える。アウディは駆動テクノロジーを開発している技術パートナーのシェフラーに加え、HYLA、ITK Engineering、LGT Group、KUKA、MASCOT、Riello UPS、Wurth Elektronikが新たにパートナーとしてチームをサポートする。またチームスポンサーとしてSONAXが新たに加わる。SONAXはカーケア製品の大手メーカーである。

なおアウディは9月10日の午前10時30分(中央ヨーロッパ標準時:日本時間午後5時30分)から、衛星放送、インターネット、スマートテレビを介して記者会見の模様を見ることができる。イベント終了後は、アウディ TVウェブサイトで、記者会見の映像を配信する。

アウディ TVウェブサイト

アウディ 関連記事
アウディ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る