【痛快】マシンガン付きボンドカー「DB5Goldfinger Continuation」の生産がアストンマーティンワークスで開始

2020 年5月28日、ニューポート・パグネル(英国): 「世界で最も有名なクルマ」と呼ばれるアストンマーティンDB5は、現在でも高い人気を誇るクラシックモデルです。

1963年から1965年にかけて生産されたDB5の生産台数は、わずか900台未満で、このクルマの最も有名なオーナーは、1964年に公開された映画『007ゴールドフィンガー』に登場したジェームズ・ボンドです。それ以来、DB5は、ボンドカーとして人々の記憶に鮮明に焼き付けられてきました。

DB5がラインオフされてから55年が経過した2020年、わずか25台限定で、DB5復刻モデルの生産が再開されました。

1964年映画に登場したDB5に、映画「007シリ ーズ」製作会社であるイーオン・プロダクションズと共同で製作された、さまざまな「秘密兵器」が搭載されていました。今回生産されるアストンマーティンDB5Goldfinger Continuationは、これらの装備を忠実に再現しています。

DB5 Goldfinger Continuationの価格は、275万ポンド(税抜き)約3億8500万円です。

ディテールに至るまで細心の注意を払って生産されるDB5Goldfinger Continuationは、1台の車両を生産するために必要な時間は約4,500時間で、バッキンガムシャーニューポート・パグネルにあるアストンマーティンの世界的に有名なヘリテージ部門の本社で行なわれています。

25台の車両には、デイヴィッド・ブラウン卿時代の職人技、現代的なエンジニアリング、強化されたパフォーマンスを巧みに組み合わせ、可能な限り最高品質で製造されます。さらに、12本以上の映画007シリーズに取り組んできた特殊効果監督クリス・コーボールドOBEと共同で開発した最先端の専用アイテムを装備しています。

このリミテッド・エディションには、1964年に公開された大ヒット映画に登場したボンドカーの「秘密兵器」を再現した以下のアイテムが搭載されています。

エクスエリア

• リア・スモーク発生装置
• リア・オイル散布装置(模擬)
• フロント&リア回転式トリプル・ナンバープレート
•フロント・ツインマシンガン(模擬)
• 防弾リアシールド
• フロント&リア伸縮式バンパー
• タイヤ・スラッシャー(模擬)
• 脱着式助手席ルーフパネル(オプション)

インテリア

• レーダー追跡装置(模擬)
• 運転席ドアに設置された電話
• シフトレバー脱出用ボタン
• アームレストとセンターコンソールに設置された各種スイッチ類
• シート下武器格納トレイ
• 様々な秘密兵器を作動させるためリモコン

すべての車両は、ボンドカーへの改造や強化も含めて、映画に登場する DB5を細部に至るまで忠実に再現しており、最高レベルの製品品質と信頼性が確保されています。DB5Goldfinger Continuationのボディカラーは1種類で、オリジナルと同じ、シルバー・バーチ・ ペイントが採用されています。

このモデルには、当時の製造工程がそのまま採用され、軟鋼シャシー構造をベースにして、 DB5スタイルのアルミニウム製エクステリア・ボディパネルをエレガントに装着しています。 ボンネットの下には、6 本のプラグヘッド、3器のSUキャブレター、オイルクーラーを備え た、4.0Lの自然吸気、直列 6 気筒エンジンが搭載されています。

最高出力290bhpです。このエンジンには、ZF 製5速マニュアル・トランスミッションが組み合わされ、機械式リミテッドスリップ・デファレンシャルも装備しています。駆動方式は、後輪駆動です。


さらに、サーボ付きガーリングタイプ・スチール・ディスクブレーキ、ラック&ピニオン・ステアリング(パワーステアリング非装備)、スタビライザーを備えたストラット式フロント・サスペ ンション、ラジアスアームとワッツリンケージを備えたライブアクスル式リア・サスペンションも装備され、このダイナミックなパッケージが完成しています。

ヘリテージプログラム・マネージャーのクライブ・ウィルソンは、新しいDB5Goldfinger Continuation 生産プロセスに最も深く関与している人物の1人です。彼は、次ように 述べています。

「非常に複雑な生産工程を経て製作されるこのクルマを、最初のお客様が運転する姿を見るのは、本当に感動的な体験となるでしょう。私たちは50年以上にわたってDB5を製造していませんので、アストンマーティンの歴史の一部として、重要な存在になっているこのモデルの生産に関わることができて非常に光栄です。この仕事を担当したことは、後世まで語り継がれることになるでしょう」


オリジナルDB5が生産され、今回の復刻モデルの生産も行なわれるアストンマーティン・ ワークスの社長を務めるポール・スピアーズは、次のように述べています。

「この貴重な復刻モデルは、世界でわずか 25人の幸運なオーナーだけが入手することができる、究極の “おもちゃ”と言えるかもしれません。今回、イーオン・プロダクションズ、特殊効果監督のクリス・コーボールドと協力してDB5Goldfinger Continuationを生産することは、アストンマーティン・ワークスで働くすべての従業員にとって特別な体験となり、彼らのキャリアハイライトとなるでしょう」

このDB5Goldfinger Continuationの納車は、2020年下半期から開始されます。

アストンマーティン関連記事


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る