アストンマーティン ラゴンダ 英国工場での生産を段階的に再開【新型コロナウイルス】

2020年5月7日、アストンマーティン ラゴンダは、今週から生産を徐々に再開すると発表しました。第二次感染拡大も不安視されていますが、企業活動を再開しない限り経済はとまったままです。この先は、どのように再開するかがポイントになりそうです。

アストンマーティン・ラゴンダは、新型コロナへの対策を行ない、車両生産を慎重に再開させるという事業方針に従ったもので、注意深く策定された計画に基づき、「新しい日常生活」に適合させながら、従業員による職場へ復帰を段階的に開始するものです。

労働組合と緊密に連携した上で、英国ウェールズ セント アサン工場で作業を安全に再開できるように、詳細な職場復帰手順を策定しました。英国ウォリックシャー州ゲイドン本社工場の従業員も、また他の様々な英国拠点オフィスおよびサポートスタッフも、後日職場に復帰する予定としています。

綿密に計画された「拠点業務手順」として、社会的距離、健康、衛生に関する指示、従業員が家を出る準備から会社に到着するまでの手順、拠点での移動方法、休憩や食事方法、仕事中に気分が悪くなった場合の対処方法、訪問者や請負業者と接触方法、帰宅時の手順など、仕事に関わるあらゆる側面に及んでいます。

アストンマーティン・ラゴンダのセント アサン工場生産担当ディレクター、スコット ワード次のように述べています。
「慎重かつ段階的に工場生産を再開するにあたり、従業員の安全と継続的な健康を守ることを、何よりも最優先しました。」

アストンマーティン関連記事


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る