アルファロメオ「ステルヴィオ」に伝統のグレード「Ti」追加

ステランティス・ジャパンは2022年3月22日、アルファロメオのプレミアムSUV「ステルヴィオ」の仕様変更と、新たなモデルとして「ステルヴィオ Ti」を追加設定し、4月16日から発売すると発表した。

新たに追加された「Ti」

2018年のデビュー以来、SUVであるとともに卓越したスポーツ性能の高さと先鋭的なイタリアンデザインで人気のSUV「ステルヴィオ」に新モデル「Ti」が加わった。「Ti」は「Turismo Internazionale」の頭文字で、伝統的にアルファロメオの高性能モデルに与えられた呼称だ。最新の「Ti」もその称号の通り、もともと備えているスポーツ性能と上質さを併せ持つ、グランドツアラーとしての性格を強調したモデルだ。

「Ti」のエクステリアは、ボディ同色のミラーハウジングや、新デザインになった5ホールの20インチ・アルミホイールを採用。

「Ti」のインテリア

インテリアは、シリーズで唯一となるグレーオークのウッドパネルや、ナチュラルレザーシート(前席シートヒーター付)を採用。また、シートカラーにブラックのほか、専用のチョコレート色が設定され、上質なキャビンに仕立てられている。

装備では、オートハイビーム機能付のバイキセノン・ヘッドライト、ステアリングヒーター付スポーツレザー・ステアリングホイール、ナビゲーションシステムなど快適装備のほか、トラフィックジャムアシストやハイウェイアシストシステムなど、先進の運転支援装置が備えられている。

「ヴェローチェ」

既存グレードのVeloce(ヴェローチェ)とQuadrifoglio(クアドリフォリオ)も今回から仕様を変更している。全車がルーフレールレス仕様で統一され、クーぺのようなルーフラインがより強調されたほか、ヴェローチェには、ボディ同色のミラーハウジングや21インチに拡大した新デザインのアルミホイールを新たに採用。さらにLSDが搭載され、ダイナミック性能が強化されている。

V6ツインターボ・エンジンを搭載する「クアドリフォリオ」

究極の高性能を追求するクアドリフォリオは、21インチの専用アルミホイールやブラックテールライト、レザー/アルカンターラ・ステアリングホイール、ホールド性と快適性を両立したスパルコ製カーボンバケットシートの採用により、プレミアム性とダイナミック性能が一段と高められている。

価格

アルファロメオ ステルヴィオ 関連記事
アルファロメオ 関連記事
アルファロメオ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る