アルファロメオ「ステルヴィオ」のハイパフォーマンスモデル「クアドリフォリオ」受注開始

FCAジャパンは、アルファロメオ「ステルヴィオ」のラインアップに、ハイパフォーマンスモデル「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)」を追加し、2018年11月28日から全国のアルファロメオ正規ディーラーにおいて受注を開始した。
アルファロメオ ステルヴィオ・クアドリフォリオ

「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」は、ステルヴィオラインアップのハイエンドモデルで、2017年9月には世界的にも名高いレーシングコースであるドイツのニュルブルクリンク北コース(1周約20.8km)において、量産SUVとしては世界最速(当時)となる7分51秒7の周回タイム記録を樹立。これにより高出力エンジン、先進4WDシステム、シャシー技術など、ステルヴィオ・クアドリフォリオに採用された数々の先進技術が、世界最高レベルに到達していることを実証した。


ステルヴィオ・クアドリフォリオは、2016年9月に同ニュルブルクリンクで量産4ドアセダンとして世界最速タイムを更新した「ジュリア・クアドリフォリオ」と共通の2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載。このアルミニウム製エンジンは、最高出力510PS、最大トルク600Nmという圧倒的な動力性能を発揮する一方で、気筒休止システムを採用し、航続走行などエンジン負荷が小さい場合には、燃料効率の改善を図られている。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る