アルファロメオ 「ジュリア」「ステルヴィオ」にF1参戦記念限定車発売

FCAジャパンは2019年10月11日、アルファロメオのプレミアム・スポーツサルーン「ジュリア・クアドリフォリオ」、プレミアムSUVの「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」に、F1への参戦を記念し、様々な性能向上プログラムを装備した限定車「F1 Tributo(エフワン・トリビュート)」を設定し、11月から発売すると発表した。発売台数はジュリア:6台、ステルヴィオ:4台限定という超希少モデルだ。

アルファロメオ 「ジュリア」「ステルヴィオ」にF1参戦記念限定車発売

モデル概要

アルファロメオは創業以来、モータースポーツと共に歴史を積み重ねてきており、その血統を色濃く受け継ぐ高性能モデル「ジュリア・クアドリフォリオ」と「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」に、今回極めて希少な限定車「F1 トリビュート」を設定した。

この限定車は、ザウバーエンジニアリングとの共同開発によるエアロパーツをはじめ、高出力化チューニング、特別装備の採用などにより、さらなるスポーツ性能の向上を実現している。

アルファロメオF1レーシングのアルファロメオ C38
アルファロメオF1レーシングのアルファロメオ C38

「F1 トリビュート」のために専用設計されたエアロパーツは、フロント・エアロスプリッター、大型サイドスカート、大型リヤスポイラーで構成され、高速走行時に優れた整流効果を発揮できるようになっている。

さらに、カーボン製のV字型グリルやグロスブラックフロントグリル&ディフューザー、カーボンエクステリア・ミラーハウジングといった専用アイテムにより、標準モデルとの差別化が図られている。なお、エクステリアのラッピングも特別装備に含まれまれている。

アルファロメオ 「ジュリア」「ステルヴィオ」にF1参戦記念限定車発売

そして「F1 トリビュート」では、専用エンジンチューニングとアクラポヴィッチ社製のエキゾースト・システムにより、エンジンの最高出力が510psから520psへと引き上げられている。もちろんスポーツ・エキゾーストにより官能的なサウンドも発揮できるようになっている。

さらにサーキット走行など高負荷時における耐フェード性と軽量化を両立するカーボン・セラミックブレーキ・システムを採用し、ブレーキ性能が大幅に強化されている。

【価格】

  • アルファロメオ ジュリア・クアドリフォリオ F1トリビュート:1459万円(税込み)
  • アルファロメオ ステルヴィオ・クアドリフォリオ F1トリビュート:1495万円(税込み)

アルファロメオ ジュリア 関連記事
アルファロメオ ステルヴィオ 関連記事
アルファロメオ 関連記事
アルファロメオ 公式サイト
FCA 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る