ボルボ SUVパワートレーン一新 マイルドハイブリッド搭載

ボルボ・カー・ジャパン株式会社は、コンパクトSUV XC40、プレミアム・ミッドサイズSUV XC60およびフラッグシップSUV XC90 のパワートレーンを一新し、2020年8月25日より発売しました。

ボルボのSUV ラインアップが全て電動化された

XC40にプラグインハイブリッドモデルが設定され、国内導入全てのラインアップにプラグインハイブリッドモデルが設定されました。また、SUVモデルXC40、XC60、XC90はプラグインハイブリッド以外の全ての車両を48Vハイブリッドモデルとすることで、ラインアップから内燃機関のみを搭載するモデルが無くなります。

コンパクトSUV XC40に理チャージプラグインハイブリッド

従来の「T4」「T5」パワートレーンは廃止となり、新たに48Vハイブリッドモデル「B4」「B5」と、プラグインハイブリッド モデル「Recharge Plug-in hybridT5」を設定しました。Recharge Plug-in hybridT5は、ボルボの小型車向けプラットフォームCMA初のプラグインハイブリッドモデルです。

132kW(180ps)/265Nm(27.0kgm)を発生する新開発3気筒1.5L直噴ガソリンターボエンジンに、60kW/160Nmを発生する電気モーターと、新開発の7速DCTを組み合わせることで、スムーズなドライブフィールと高効率を実現した前輪駆動のモデルです。

EV走行のみによるゼロエミッション走行が可能で、プラグインレンジは45.6kmとなっています。また、小排気量エンジンとモーター、7速DCTのコンビネーションによるハイブリッド走行時の燃料消費の最適化も図っています。新しいプロダクトラインとなるRecharge (リチャージ)は、「外部充電可能」とい う意味から今後導入される電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド車の呼称として使用され、電動化を推進する ボルボ・カーズを象徴する位置づけとなります。

XC40にはプラグインハイブリッドが追加された

関連記事:ボルボXC40PHEV試乗記 新しい価値の創造(3気筒1.5L+ターボ+モーター+7速DCT)

48VハイブリッドモデルのB4/B5シリーズ

XC40に導入するB4/B5パワートレーンは、4気筒2.0Lの直噴ターボエンジンに、48Vハイブリッドシステムを採用した高効率な新世代パワートレーンです。ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)による回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や動力補助を行なうハイブリッドシステムを搭載しています。

ISGMはバッテリーモジュールへの充電、エンジンの始動、車両出力補助ならびに制動に使用され、また、スターターモーターに代わりにISGMによりエンジンの始動を行ない、アイドリングストップ後の再始動時におけるノイズやバイブレーションの大幅な低減と、より上質感のある走行性能を実現させました。

エンジン本体は、第3世代Drive-Eパワートレーンで、約 90%ものパーツが新設計されました。優れた効率性と環境性能、コンパクトなデザインを実現しており、新世代プラットフォーム、CMA(コンパクト・モジューラ ー・アーキテクチャー)とともに、高いレベルの衝突安全性能も考慮されています。

シリンダーの表面処理の改良など、 エンジン内部の摩擦 (フリクション) 低減を図るとともに、CDA(シリンダー・ディ・アクティベーション:気筒休止)システムを導入したことで、一定条件を満たした状態での2気筒走行が可能となり、燃費の向上を図りました。

また、車内外の騒音レベルを抑えるために、エキゾーストシステムをはじめ、様々な機構の改良も実施しています。B4は145kW(197ps)、300Nm(30.6kgm)を発生する主力エンジンで、FFモデルとAWDモデルが設定されています。

B5は、184kW(250ps)、350Nm(35.7kgm)を発生する高出力エンジンで、AWDとの組み合わせにより、高い走行性能 を実現しています。

その他の主な装備の充実として、 全車に180km/hリミッターを採用しました。それと最高速度を任意に設定できるケアキーも導入しています。

Momentumグレードには、新たにLEDヘッドライト(アクティブベンディング機能付)が標準装備されました。そしてR-Designグレードには、新たにharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムや、パワーテールゲート(ハンズフリー機能付)、ワイヤレス・スマートフォン・チャージなどが標準装備されました。さらに新車一般保証を5年に拡充し、XC40は新車一般保証を従来の3年間走行距離無制限から5年間走行距離無制限に延長し、オーナーシップの安心感を高めました。

XC40価格

プレミアム・ミッドサイズSUV XC60にB6を搭載

従来の「D4」「T6」パワートレーンは廃止となり、2020年4月に導入された48Vハイブリッドモデル「B5」に加え、電動スーパーチャージャーを搭載した「B6」を新たに追加しました。既存の「Twin EngineT8」は、Rechargeプロダクトラインの導入に伴い、グレード名を「Recharge Plug-in hybrid T8」に変更となりました。

電動スーパーチャージャー搭載48Vハイブリッドパワートレーン「B6」

今回新たに導入するB6パワートレーンは、常用域での燃費向上と上質なドライビングフィールを実現する48Vハイ ブリッドテクノロジーを搭載し、低回転域でのレスポンスに優れる電動スーパーチャージャーを装着することで、220kW(300ps)、420Nm(42.8kgm)を発生する高性能パワートレーンです。

他の48Vハイブリッドパワートレーンと同様に、ISGMを搭載し、モーターによる回生ブレーキで発電した電力を48Vリチウムイオンバッテリーに蓄電し、エンジンの始動や動力補助を行なうハイブリッドシステムを搭載し、高出力と高効率を両立しています。

Recharge Plug-in hybridに、戦略的な価格設定を実現する「Inscription Expression」グレードを新設定し、プラグインハイブリットモデルのエントリーグレードとして追加設定されました。装備レベルを見直し、「Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription」と比較してコストパフォーマンスの高 いモデルとなり、Recharge Plug-in hybridに、より戦略的な価格を実現しています。

その他の主な装備の充実として、全車に180km/hリミッターを採用。し、最高速度を任意に設定できるケアキーも同時に導入しました。また「ワイヤレス・スマートフォン・チャージ」が全車に標準装備され、R-Designには、新たにharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムや、ヘッドアップディスプレイ、テイラードダッシュボードなどが標準装備されました。

XC60価格


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る