フォトジェニックなDS4クロスバックで富士スピードウェイを走っちゃいました!!(レポート:藤本えみり)

富士スピードウェイまでGO!
富士スピードウェイまでGO!

■DS4 クロスバックで、富士スピードウェイへ!

6月11日に、自動車専門誌ル・ボラン、富士スピードウェイ、そして私がDJを務めている番組ザ・モーターウィークリーが合同で開催した、「タッチ&トライ」。番組でも当日の様子をお伝えしましたが、大勢の皆さまにご参加いただきました。ありがとうございました。(「聴き逃した~」という方は、番組サイトで、6月25日7月2日の放送を是非チェックしてくださいね!)

その「タッチ&トライ」の移動に、シトロエン・DSブランドの「DS4クロスバック」をお借りして、富士スピードウェイへ向かいました。

DS4クロスバックは、「Most Beautiful Car of The Year」という、最も美しいクルマに贈られる賞を受賞した4ドアクーペ「DS4」がベースのSUVモデル。

エレガントなクーペスタイルに、黒の大きめホイールやルーフレールといったSUVテイストが加わって、なんともお洒落でウットリしちゃうデザインなのです。

藤本えみり、うっとりしちゃいました(≧▽≦)
藤本えみり、うっとりしちゃいました(≧▽≦)

「ふっくらとしたリヤもセクシーだね~」、「あっ、サイドがキラキラしたヘッドライトも可愛いー」なんて言ってるうちに、気づくと、エクステリアの写真だけで計15枚も撮影していました。

この日同行した、番組AD塚越くん(21歳の若者)の「あの、そろそろ行かないと遅刻しますよね……?」の表情でやっと運転席に座ったものの、「ブルーのカラーリングのメーターがお洒落だね~」、「スピードメーターの針がオレンジ色だよ。車体と同じカラーだよ!」と、今度はインテリアの撮影を開始した私。発進するまで、こんなに時間を要したクルマは初めてかもしれません(笑)。

この続きは、ザ・モーターウィークリーのホームページでどうぞ……(つづきを読む)。

シトロエン公式サイト


ページのトップに戻る