エンジンに高出力だけを求める時代は終わっている最新のガソリンエンジン

この記事は2017年1月に有料配信しているメルマガを無料公開したものです。
メルマガ登録はこちらから

rightsize
2017年に登場するフォルクスワーゲン・ゴルフ用の1.5L直噴ターボの「ライトサイジング・エンジン」

現在のガソリンエンジンは、世界各国の排ガス規制、燃費規制などが法制化されたことで、自動車メーカーはこうした法規に合わせることが最大の課題になっている。歴史的に見ればガソリンエンジンは高出力を追求することが最大のテーマだったが、排ガス、燃費規制が時代を追って厳しくなったことで、この規制にエンジンを適合させることが最優先になっているのだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る