横浜ゴム 2019年もスーパーGT参戦チームをサポート

スーパーGT 2019

横浜ゴムは2019年4月3日、2019年のモータースポーツ活動計画を発表した。横浜ゴムは2018年からスタートした3カ年の中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略でモータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、トップカテゴリーから国内外の多岐にわたるレースに参戦し、最高レベルの技術を追求するとしている。

横浜ゴム 2019年もスーパーGT参戦チームサポート

スーパーGT

GT500はドイツツーリングカー選手権(DTM)との車両規則共通化が進められ、2017年から各チームともにダウンフォースの低減などを図った新規定に適合した車両を投入している。一方、GT300は自動車メーカーが製造販売する国際規格のFIA GT3マシンと日本独自のJAF-GT車両、マザーシャシーが混在し、国内外のバラエティ豊かな車種が競い合っている。

横浜ゴム 2019年もスーパーGT参戦チームサポート

GT500では、2018年に引き続きKONDO RACINGの「リアライズコーポレーション ADVAN GT-R」、LEXUS TEAM WedsSport BANDOHの「WedsSport ADVAN LC500」、TEAM MUGENの「MOTUL MUGEN NSX-GT」の3チームをサポートする。GT300は、ヨコハマタイヤユーザーをサポートする。

横浜ゴム 2019年もスーパーGT参戦チームサポート

これ以外に、FIAワールドツーリングカーカップ(WTCR)、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、ニュルブルクリンク耐久シリーズ(VLN)、全日本スーパーフォーミュラ選手権、全日本F3選手権、全日本ラリー選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、全日本カート選手権の最高峰クラス・OK部門などにタイヤを供給、サポートする。

興奮するぜ!ひと味違うスーパーGT2019
横浜ゴム 関連記事

ヨコハマタイヤ・モータースポーツ 公式サイト
ヨコハマタイヤ 公式サイト
横浜ゴム 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る