三菱アウトランダーPHEV インタビュー PHEV開発のパイオニアとしての強みを活かしたニューモデル

新型三菱「アウトランダーPHEV」はフルモデルチェンジに匹敵するほど、大幅な改良をしている。中でも走行フィールではEV感が増し、エンジンが稼働しているのかが分からないほどモーターで滑らかに走る。今回は、そうした改良の中心となったPHEVのシステム変更を担当したエンジニアに、モータージャーナリストの鈴木直也氏がインタビューした。

モータージャーナリストの鈴木直也氏がインタビュー
モータージャーナリストの鈴木直也氏がインタビュー

新型アウトランダーPHEVの進化について、三菱自動車のEVパワートレーン技術開発本部マネージャーの半田和功さんにお話を伺った。

鈴木 「半田さんは入社以来ずっとEV畑を歩んできたそうですが、当時の三菱はインホイールモーターEVに熱心でしたよね?」

アウトランダーPHEV制御開発の半田氏
アウトランダーPHEV制御開発の半田氏

半田 「1994年に入社した時に、すぐEV開発グループ配属になりましたが、インホイールモーターEVは私が入社した少し後ですね。実は私は電気関係といっても情報工学専攻だったのですが、三菱が得意としていたヴィークルダイナミクスの制御をやりたくて入社しました。入社時の志望動機に、そういえばと思って「EVにも興味がある」と書いたのでお呼びがかかったようです(笑)」

鈴木 「運命とはわからないものですねぇ。電動パワートレーンに転機が訪れるのはどのタイミングでしょう?」


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る