ポルシェ ミドルサイズSUVのエクスクルーシブ仕様「マカンT」の受注開始

ポルシェジャパンは2022年2月17日、精緻なチューニングとエクスクルーシブな装備、高効率エンジンによって本格的なドライビングが楽しめる「マカンT」の予約受注を開始した。

マカンTは、これまで911や718に限定されていた「T」の名称を持つ最初の4ドアスポーツカーだ。ポルシェでは1960年代以来、「T」の文字は、ダイナミックな走行に特化したモデルを意味する「ツーリング」を表している。

マカンTにはダイナミック性能重視のチューニング、軽量な2.0Lのターボエンジン、アスリートを思わせるディテール、そしてスポーティなドライビングのための標準装備が組み合わされている。

マカンTはマカンとマカンSの間に位置付けられるポジションで、マカンTの2.0L4気筒ターボエンジンは265ps/400Nmを発生する。このパワートレーンは、マカンSとGTSに搭載される2.9L V6ツインターボエンジンに比べて、フロントアクスルで58.8kg軽量で、これにより優れた発進加速とダイナミックなコーナリング性能を発揮することができる。

動力性能は、標準装備のスポーツクロノパッケージを使用すると0-100km/hまで6.2秒で加速し、最高速度は232km/hに達する。

トランスミッションは7速PDK、駆動システムはAWD(ポルシェトラクションマネジメント:PTM)を採用。

サスペンションは、車高を15mm低く設定したポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を備えたスチールサスペンションを標準装備する。この専用スポーツ サスペンションにより応答性の高いステアリング動作と俊敏なハンドリングを実現している。

なおシャシーオプションとして、PASMを備え、さらに10mmダウンするアダプティブエアサスペンション、ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)も選択することができる。

マカンTのエクステリアは、アゲートグレー メタリックで塗装されたフロント、サイド、およびリヤにより、シリーズの他のモデルと差別化されている。フロントトリム、エクステリアミラー、サイドブレード、ルーフスポイラー、およびリヤのロゴには、専用のコントラストカラーが使用されている。

ハイグロスブラックのスポーツテールパイプとサイドウインドウトリムは標準装備で、サイドブレードにはブラックの「Macan T」のロゴが配されている。ホイールはダークチタンの20インチホイールが標準装備される。エクステリアは、13色のソリッドカラー、メタリックカラー、およびスペシャルカラーの中から選択可能だ。

インテリアでは標準装備の8way電動調節機能付ヒーテッドスポーツシートを装備し、ブラックレザーパッケージをベースにした専用トリムとなっている。フロントシートと両側リヤシートの中央部は縞模様のSport-Texで、フロント・ヘッドレストにはポルシェエンボス クレストが付いている。シート、ヘッドレスト、ステアリングホイールに施されたシルバーのステッチは、エクステリアのコントラストカラーと対を成している。

マルチファンクションGTヒーテッド スポーツステアリングホイールと、ダッシュボード上部のスポーツクロノストップウォッチも標準装備される。

標準装備のブラックアルミニウム製ドアエントリーガードには「Macan T」のロゴ入り、オプションで、Race-TexマルチファンクションGTスポーツステアリングホイール(カーボントリム付)やイオナイザーを選択することもできる。

さらに最新のタッチセンサー式ガラスルック画面を備えたセンターコンソールや、10.9インチのタッチスクリーンとオンラインナビゲーションを含む完全にネットワーク化されたポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)などが標準で装備されている。

価格

ポルシェ マカン 関連情報
ポルシェ 関連情報
ポルシェ・ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る