フィアット500Xがフェイスリフトで新世代デザインへ

ステランティス・ジャパンは2022年11月29日、フィアットのコンパク・クロスオーバーSUV「500X」のフェイスリフトを行ない、新世代デザインを採用したモデルを発売した。

今回の仕様変更により、FIATのロゴは従来の円形フレームからシンプルなシルバーに変更となっている。グラフィックを抑え、1900年代初頭に初めて導入されたエンブレムの細長い文字が、最新のトレンドであるシンプルでミニマリスティックなロゴとして復活したのだ。これは、すでに電気自動車として発売された500eで採用されているロゴと同一で、他のモデルとしては初の導入となる。

500Xは、ひと目で「500(チンクエチェント)」ファミリーとわかる愛らしいデザインと利便性の高い4ドアボディ、そして優れた積載性やユーティリティを兼ね備えたコンパクト・クロスオーバーSUVだ。

グレード展開は、「500X Cross」と「500X Sport」の2種類。「500X Cross」では、ドアミラーカバーをボディ同色からブラックに変更し、ホイールを17インチから18インチにサイズアップすることで、より精悍なスタンスとなっている。さらに「500X Sport」は自動防眩ミラーを標準装備としている。

ボディカラーは、「500X Cross」にジェラート ホワイト、パッション レッドの2種類のソリッドカラーを標準設定し、オプションでメタリックカラーのファッション グレーを設定。「500X Sport」にはその3色に加えて、メタリックカラーのイタリア ブルーをオプション設定している。

価格

500X Cross:418万円(税込み)
500X Sport:423万円(税込み)

フィアット 500X 関連記事
フィアット 関連記事
フィアット 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る