アウディ「A6」シリーズの一部改良と価格改定

アウディ ジャパンは2021年5月18日、プレミアム・アッパーミディアムクラスの「A6」シリーズの価格、装備を一部変更し発売しました。

今回の変更で、40TDIクワトロ・スポーツと45TFSIクワトロ・スポーツの価格を下げ、新たなエントリーグレードとしています。一方で従来設定されていたエントリーグレードの40TDIクワトロと45TFSIクワトロは廃止されています。

新開発の2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジンの40TDIと2.0L直列4気筒ガソリンターボエンジンの45TFSIはともに12Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせており、ベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)を搭載し、6kW/60Nmの出力でエンジンをアシストする、より進化したパワートレーンとなっています。

さらにオプションのS lineパッケージの価格を従来より9万円値下げし43万円としています。それでいながら従来のパッケージ装備(S lineエクステリア、5アームダイナミックデザイン・19インチアルミホイール、デコラティブパネル、マットブラッシュトアルミニウム、ヘッドライニングブラック、バルコナレザーS lineロゴ、マルチカラーアンビエントライティング、HDマトリクスLEDヘッドライト)に加えて、新たにサラウンドビューカメラ、パークアシストプラス、電動チルト/テレスコピックステアリング、電動トランクリッド(セダンのみ)を設定。価格改定と装備の充実を図り、商品力を高めています。

価格

アウディ A6 関連記事
アウディ 関連記事
アウディ ジャパン 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る