Google+

【マツダ】発電用にロータリーエンジンを採用した「レンジエクステンダー」プロトタイプを公表


IMG_0799

デミオEVをベースに、リヤラゲッジの床下に発電ユニットを搭載したレンジエクステンダー

2013年12月20日、マツダは地方自治体などに限定リースしている「デミオEV」をベースに、発電用にロータリーエンジンを搭載したプロトタイプ「デミオEVレンジエクステンダー」を公表した。この発電システムを搭載したレンジエクステンダーは、デミオEVの航続距離200kmを400kmまで引き伸ばすことができるという。

IMG_0803

2012年から自治体、企業に限定リースされている「デミオEV」

IMG_0821IMG_0801

◆近未来先行技術概要

ベースとなっているデミオEVは床下のほぼ全面に18650型リチウムイオン電池を使用した電池パッケージを敷き詰め、容量20kWhを確保している。総電圧は346Vで、最大出力75kW(102ps)/150Nmのモーターを採用している。

このデミオEVも短時間ながら試乗できた。ガソリンエンジンのデミオに対してリチウムイオン電池やインバーターなどで190kgの重量増となり、車両重量1180kgとなっているものの、強力なモーターの加速により、ガソリンエンジンのデミオを上回るほどの加速感があった。強力な加速とリニアな伸びを重視したセッティングにしているという。

ただ、その一方でアクセル・オフでの減速、つまりブレーキ回生は予想したよりかなり弱めだった。シフトセレクターをD→Eにするとより回生が強化されるというが、EにしてみるとDモードよりは減速感が感じられるものの、期待したほどではないと思う。

このデミオEVは法人にリースするため、あえて回生を弱め一般的なエンジン/CVT並の減速感にしているのがその理由だそうだ。

EV1EV2

EV3EV4

マツダは、現在のところスカイアクティブ技術によるガソリン、ディーゼルエンジンを展開しているが、環境技術としてはビルディングブロック戦略と称する構想を発表している。
つまり内燃エンジンのためのスカイアクティブ技術を基盤技術とし、その上にアイドリングストップや、減速エネルギー回生といった技術ステップを積み重ね、最終段階では電動化を計画しているのだ。

しかしその一方で、すでにアメリカのカリフォルニア州などは自動車メーカーに対して一定比率のゼロエミッション車=EV/PHEVの導入を2011年以来求め、2017年以降は本格導入が求められることになっている。このためマツダもEVの開発・投入のプログラムも進行させざるを得ないことになる。

したがって、デミオEV、そして今回公表されたデミオEVレンジエクステンダーもそのためのスタディ・モデルと位置付けられ、市販は少し先と見るべきだ。

IMG_0813

デミオEVをベースにしたデミオEVレンジエクステンダー

IMG_0792

エンジンルームに搭載されるモーター駆動ユニット、インバーターなど電動パワートレイン

IMG_0794

デミオEVレンジエクステンダーのインテリア。試験車両のため発電系シャットダウン・スイッチを設置

img_0069

リヤの床下に発電ユニットが吊り下げられ、後方からカバーされている

ラゲッジスペースに置かれた発電ユニットのコントローラー

ラゲッジスペースに置かれた発電システムのコントローラーユニット

カテゴリー: Automobile Study

関連記事:

アウディ 自動運転コンセプトカー「アウディRS7」がアメリカのサーキットをプロドライバーのスキルで走行 アウディ 自動運転コンセプトカー「アウディRS7」がアメリカのサーキットをプロドライバーのスキルで走行
ZF TRW 第2回ZF先端技術レポート Efficiecy EV走行距離を伸ばしたPHEV対応ATとワイドスプレッドの第2世代8速AT ZF TRW 第2回ZF先端技術レポート Efficiecy EV走行距離を伸ばしたPHEV対応ATとワイドスプレッドの第2世代8速AT
ボルボ 新世代「Drive-E クリーンディーゼル」を5車種に搭載 新エンジン戦略を発表 ボルボ 新世代「Drive-E クリーンディーゼル」を5車種に搭載 新エンジン戦略を発表
コンチネンタル インターネットLTE常時接続の時代 自動運転につながる近未来像 コンチネンタル インターネットLTE常時接続の時代 自動運転につながる近未来像

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる

他のサイトでは読めない記事・解説を登録された会員(無料)だけに
2013年10月15日から「Auto Prove/オートプルーブ」のコンテンツは、
どなたでも全文を読むことができる記事と、登録された無料会員限定記事の2種類となります。
無料会員登録するには、必要項目を記入して送信ボタンを押すだけですので、是非ご登録ください!

中古車検索購入はこちら

会社概要  個人情報保護の方針   著作権     © 4631 Auto Prove- 自動車情報サイト「オートプルーブ」. All rights reserved.  ※画像/動画/記事の無断転載を禁じます
Proudly designed by Theme Junkie.