Google+

【ジャガー】ジャガーXJ試乗。ダウンサイジングエンジンでも力強い新世代プレミアムサルーン レポート:九島辰也


エンジンラインアップが新しくなったジャガーXJシリーズ

ジャガーXJシリーズの2013年モデルに、新たなエンジンが加わった。2.0L直4直噴ターボ(240ps)と3.0L・V6型+スーパーチャージャー(340ps)である。そのインプレッションをお届けしよう。

全長5135mm×全幅1900mm×全高1455mm。これがジャガーXJのボディのディメンションである。この堂々としたサイズはまさにフルサイズのプレミアムサルーンだ。3mを超えるホイールベースを含め、ショーファードリブンともなる高速クルーザーであることは明白だ。

そんな性格ゆえ、これまでこのクルマには5.0L V8型という大排気量エンジンが搭載されてきた。大排気量ユニット特有の大トルクがフル・サイズサルーンを軽々と前へ押し出す。特にスーパーチャージャーで過給された510psバージョンなどはもはやサルーンの領域を超えスポーツカーライクな領域まで到達する。ジャガー本来のハンドリングと相まって、かなりのモンスターマシンと化していた。およそ1年半前、ポルトガルのサーキットでそれを試したが、高速コーナーからヘアピンまで想像以上のアグレッシブな走りに感激した。

そんなXJシリーズの2013年モデルに、新たなエンジンが加わった。2.0L直4直噴ターボ(240ps)と3.0L V6型+スーパーチャージャー(340ps)である。前者はレンジローバー・イヴォークに積まれるものと同じ。よって、フォード・エクスプローラーのエコブーストやボルボXC60にも採用されている。生産はスペインのバルセロナにあるフォードのエンジン工場。そこから英国の組立て工場へ供給される。

3.0L V6型はXFに搭載されてきた既存のV6型ではない。5.0L・V8型から2つのシリンダーをカットしたものだ。つまり、こちらは自社製。もちろん、排気量からしてボア×ストロークを変更しているのはいわずもがな。クルマの適正を鑑みて3.0Lという排気量に着地したと考えられる。

では、なぜ彼らはこうしたエンジンのラインアップに踏み切ったのか。
それは自動車メーカーの世界的な潮流を見ればわかる。今日、どんなメーカーもエコを前提としたパワートレーンの高効率化が叫ばれている。で、その中でもエンジンのダウンサイジングはトレンド。フィアット・パワートレーン・テクノロジーズ社が開発した2気筒のツインエアを見ればわかるように、各カテゴリーで遂行されている。

ただ、ジャガーがそれに踏み切った理由はそれだけじゃない。彼らはこうしたダウンサイジングされたエンジンでもジャガーの走りが体感できると確信したからだ。で、それに大きく貢献したのがオールアルミボディだ。2003年型ジャガーXJ(X350)から彼らはその技術を採用しているが、この堅牢かつ軽量なボディ構造が今回のダウンサイジングで大きな効果を生み出している。実際、ライバルと比べるとわかるが、車両重量は150kg以上軽い。それにエンジン自体の重量も減るのだから見た目以上に軽快な走りができるのだ。

ならば実際に走ってそれは感じるのか?

まず、結論からすると想像以上の走りであった。出だしからスーッと出る感覚に違和感はないし、そのままアクセルに対するリニアな加速も体感できた。高速域でもそうだ。今回の試乗コースは第2東名高速を使用したが、そこでの加速も不満はない。ATモードでもOKだし、マニュアル操作で4、5、6速あたりをうまく使えばきれいに加速する。走行中、「本当に4気筒だっけ」と疑問を持ったほどだ。ちなみに、2013年モデルからトランスミッションは8速ATへと進化した。6〜8速はオーバードライブ的なギヤ比だが、その辺を効果的に使うと好燃費が期待できそうだ。

もちろん、こうした走りの印象は2.0L・直4エンジンということを前提としている。5.0L V8型の加速と比べて遜色がないという話ではないのであしからず。追い越し加速でガンと踏んだときの反応がものすごいということではない。一テンポ空くのは致し方ないだろう。が、それも20分も走れば許容できるものと判断できるはずだ。

ジャガーXJのインプレッションを担当した九島辰也氏

そんな4気筒モデルだが、新型V6モデルを含め今回のエンジンラインアップの追加はどれがいいというのが論点ではない。今ジャガーというブランドがこれだけ多くのニーズにしっかり応えているというところがポイントだ。それは技術力の高さをアピールするものであり、ブランドの価値を高めるものである。エコを前提とする次世代を見据えた彼らの動向に、大きな期待ができそうだ。

XJスペック(車体)

XJスペック(エンジン)

ジャガー公式サイト

カテゴリー: Executive View, ジャガー, 輸入車情報 中古車情報: ジャガー

関連記事:

ジャガー 苛酷な耐久テストを実施 デビュー間近の高性能クロスオーバー「F-PACE」 ジャガー 苛酷な耐久テストを実施 デビュー間近の高性能クロスオーバー「F-PACE」
ジャガー XE試乗レポート「プレミアム御三家を突き放す出色の仕上がり」 ジャガー XE試乗レポート「プレミアム御三家を突き放す出色の仕上がり」
ジャガー 初のクロスオーバーSUV 「F-PACE」のプロトタイプがツール・ド・フランスに登場 ジャガー 初のクロスオーバーSUV 「F-PACE」のプロトタイプがツール・ド・フランスに登場
ジャガー ランドローバー マグナ・シュタイヤー社に生産委託する契約を結ぶ ジャガー ランドローバー マグナ・シュタイヤー社に生産委託する契約を結ぶ

【こだわりの愛車を高く売るには!】
同時に多くの買取業社へ査定の依頼が簡単に
各社の査定額を比較すれば、
なんと【●●万以上の差】が
入力はカンタン1分!あとは登録して待つだけ!
↓【PR】ズバット車買取比較で一括査定↓

今すぐ一括査定依頼
国産車・輸入車
現在の郵便番号-郵便番号を調べる

他のサイトでは読めない記事・解説を登録された会員(無料)だけに
2013年10月15日から「Auto Prove/オートプルーブ」のコンテンツは、
どなたでも全文を読むことができる記事と、登録された無料会員限定記事の2種類となります。
無料会員登録するには、必要項目を記入して送信ボタンを押すだけですので、是非ご登録ください!

中古車検索購入はこちら

会社概要  個人情報保護の方針   著作権     © 5145 Auto Prove- 自動車情報サイト「オートプルーブ」. All rights reserved.  ※画像/動画/記事の無断転載を禁じます
Proudly designed by Theme Junkie.